栃木県/宇都宮/小山/足利で注文住宅のことなら東建ビルダーへ。住宅、設計、ハウスメーカー、求人。

新着情報

江戸川乱歩、読み放題の時代に

DSC_0277

こんにちは!足利店の中澤です(^O^)

太田市にある「万徳」という和菓子屋さんで

かき氷を食べました!

ふっわふわのかき氷が400円で食べられます☆

秩父に行かなくても、美味しいかき氷はあります!!(声高々)

 

2016年、江戸川乱歩の作品が著作権切れになり

無料で乱歩作品が読める時代になってきました!!

有名な小説家の中で、私は江戸川乱歩が一番好きです。

週間少年漫画を読んでいるようなスピード感と

登場人物の華やかさ

(一作品に美青年、美女、美少年、中性的な悪役が出てくることが多い)

そして、ツッコミ所の多さが面白いです(乱歩にツッコミを・・・?)

 

特に楽しい作品は「人間豹」。

私立探偵・明智小五郎が出てくる作品なのですが

なんとこの事件の凶悪犯人は、豹に変身できる男です。

父親が豹と愛し合った末にできたのが、この犯人(不可能を可能にするファンタジー)

夜に、父親と一緒に豹になって散歩する犯人(猟友会に狙われるぞ)

明智の妻が犯人に誘拐されて、熊の皮を着せられる展開に。

熊の皮を着せられて、5日間押入れに監禁される妻。

サーカスに出すために、熊として調教される妻。

 

現実的な私「トイレ、いつ行ってるんだろ・・・」

 

現実的な私が、ファンタジーの世界を台無しにします。

 

しかし江戸川乱歩も現実主義者なのでしょう。

「人間椅子」では、椅子の中に入って、人の重みを感じたい男が

夜こっそり椅子から抜け出して、トイレに行く描写がありました!

 

現実的な私「あーよかった。ちゃんとトイレ行ってるのね(*^。^*)」

 

小説は難しくて読む気がしない・・・という方!

ぜひ江戸川乱歩を読んでみてください。

お子様は「少年探偵団」を!

大人の方は、「芋虫」「赤い部屋」「屋根裏の散歩者」など

題名を読むと、グロイ内容かもしれないと思いがちですが、

純文学のように綺麗な文章・描写が多く

人間の心理を描くものが多いので、面白いと思います!