栃木県/宇都宮/小山/足利で注文住宅のことなら東建ビルダーへ。住宅、設計、ハウスメーカー、求人。

スタッフブログ

yjimage

こんにちは、足利店の中澤です(^_^)/

先日、友人Aからインド映画「きっとうまくいく」のDVDを借りました。

2010年に上映された当時、友人Aが

「すっっごく感動した!!絶対に観た方がいいっ!!」

と熱弁されたのですが、若かりし頃の私は・・・

「インド映画かあ・・・突然踊りだすんでしょ?」

と冷めていました。

あれから6年後・・・違う友人Bから「絶対観た方がいい!」と力説され、

「ほーん(゜o゜)じゃあ、観てきますか~。インドカレー大好きだし(←関係ない)」

と軽い気持ちで、映画を鑑賞。

 

2時間50分もある映画でした。

 

しかし、そんな時間があっという間に過ぎるほど

内容が濃くてアップテンポの映画でした!!

 

当時のインド情勢の暗くて深い部分を、明るい友情ストーリーで描いています。

高度成長期のインドでは、エンジニアになることが一番幸せな人生を送れるという雰囲気があり、

子供をいい大学に進学させるために、両親は貧乏生活をしています。

両親のためにエンジニアにならなければいけない、というプレッシャーで

インドでは自殺する学生が急増している状況。

 

そんな中、主人公のランチョルの行動をきっかけに

 

なんのために勉強するのか、誰のための人生なのか、

親の本当の幸せは子供がエンジニアになることではなく

本当にやりたい仕事に就くことではないのか。

親のために結婚しなければいけないのか。

自殺まで追い込むことは、殺人になるんだ。

 

主人公は、臆病な心に手を当てて言います。

 

「きっと、うまくいく」

 

映画を観終わったあと、すごく爽やかな気持ちになれる映画でした!

 

DVDを貸してくれた友人AにすぐLINEで感想を送りました!

「ちょっと忘れてるから、観かえさないと☆ヽ(^o^)丿」

 

私のこの語りたい気持ちッ!!!