足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

新着情報

☆星空情報!

いつもありがとうございます。

6月の星空情報をお伝えします。

東京の星空(2013年6月中旬午後9時頃)

 

今年最大の満月

月は地球の周りを回る天体ですが、その軌道が楕円形であるため、地球と月の距離は一定ではありません。そのため、月は地球との距離が近いときには大きく、遠いときには小さく見えます。

6月23日20時12分、月が今年最も地球に近づきます(約35万7000キロメートル)。そしてその直後の20時32分に満月の瞬間を迎えます。このときの月の視直径はおよそ33分で、今年最も大きく見える満月となります。

ちなみに今年最も小さく見える満月になるのは12月17日18時28分で、そのときの月の視直径はおよそ30分です。下の図のように並べて大きさを比較すると、ずいぶん大きさが違うことがわかります。

2013年最大の満月と最小の満月

☆国立天文台より

~ogawa~