足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

新着情報

【小山・結城新築コラムVol.81】子育て世代が学校に近い家を買うメリット

子育て世代が学校に近い家を買うメリット

 

今日は小山・結城で新築注文住宅をお考えの子育て家族が

学校に近い住宅を買うメリットを考えてみます。

子育て世代が家を買う時にはお子様が通う学校への距離を一度は考えますよね。

高校や大学など、大きくなれば遠くても通えますが、

幼稚園や小学校の間はできれば徒歩15分くらいの距離で探したいですよね。

小山・結城に住むお父さんお母さんから見た、

学校の近くに住む最大のメリットはやはり安全性でしょう。

子供を狙った犯罪や交通事故を未然に防ぐため、

お子様が小さいうちはできるだけ親の目が届く範囲にいてほしいと

思うものです。

学校からお家までの距離が短いと、住宅の近くまで他の生徒さんと

一緒に登下校ができる事も多く、最後に1人だけになって歩くということが

少なくてすみます。

さらにお子さんが小学校・中学校に通っていると、

運動会などの行事や授業参観や、送り迎えや忘れ物などで

学校に出向く機会も結構ありますよね。

そのような場合にお家と学校の距離が近いと、

お父さんお母さんの往復時間も節約できます。

また、万が一のけがや病気などで学校からの呼び出しがあった場合に

駆けつけられるというのも大きなポイントです。

反対に、小山・結城のお子様からみた学校に近い住宅を買うメリットは

どうでしょう?

やはり一番の良いところは、登下校の時間が短い事と言えます。

特に小学校低学年のうちは、大人なら徒歩10分程度で歩ける距離も、

ランドセルを背負って歩くと倍以上の時間が必要になる事もあります。

天気が悪い場合には、足元もあまりよくないため登校だけで一苦労ですから、

学校が近いのは大きなポイントです。

また、学校から帰ってお友達同士で待ち合わせをして遊びにいく場合にも、

学校が近いと待ち合わせをしやすいなどのメリットもあるかもしれません。

小山・結城で新築一戸建てをお考えの皆様は、ぜひ参考にしてください。