足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

新着情報

【小山・結城新築コラムVol.91】新築住宅で質の良い睡眠を取るには?

小山・結城で新築注文住宅をご検討の皆様は、毎日多忙に生活されているかたも多いでしょう。

近年頑張っている皆様のなかには寝たはずなのに疲れが取れない、

という悩みを持っている方もいるでしょう。

 

実は新築注文住宅の睡眠にも質があり、

疲れを取り除くためには質の良い睡眠を取ることがとても大切なのです。

質の良い睡眠をとるため新築注文住宅の建て方を本日はご紹介いたします。

まず第一に、新築注文住宅での安眠のためには、

寝る直前に刺激が強い原色などを見ないほうが良いと言われています。

ですから、シーツやカーテンには淡い色を採用すれば、

新築注文住宅で入眠しやすくなります。

さらに鎮静作用のある寒色系は気持ちを落ち着かせますから、

水色など薄いブルー系の色がオススメです。

その他にも、自然の色に近いグリーンやブラウン系の色もリラックス効果があります。

そして、スッキリと目覚めるためには、新築注文住宅の窓から入ってくる

太陽光が重要です。

朝、新築注文住宅に入ってくる太陽光で自然と身体の睡眠サイクルも整えられ、

質の良い睡眠が取れるようになります。

ですから、新築注文住宅の寝室には窓を付け太陽の光で

目覚められるようにするとよいでしょう。

最後に、寝室の温度も重要です。

新築注文住宅の寝室では涼しすぎても、暖かくしすぎても、

眠りにくくなり、体調不良の原因となります。

冷暖房で必要以上に室温を調節するのではなく、

高気密高断熱の家にすれば寝室も自然に適温になり、

質の良い睡眠を取りやすい新築注文住宅が作れます。

小山・結城で新築注文住宅を建てる際にはぜひ寝室の過ごしやすさにこだわってみてください。

ぜひ一度東建ビルダーのショールームでお話を聞いてみてください。