足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

【小山・結城新築コラムVol.81】子育て世代が学校に近い家を買うメリット

子育て世代が学校に近い家を買うメリット

 

今日は小山・結城で新築注文住宅をお考えの子育て家族が

学校に近い住宅を買うメリットを考えてみます。

子育て世代が家を買う時にはお子様が通う学校への距離を一度は考えますよね。

高校や大学など、大きくなれば遠くても通えますが、

幼稚園や小学校の間はできれば徒歩15分くらいの距離で探したいですよね。

小山・結城に住むお父さんお母さんから見た、

学校の近くに住む最大のメリットはやはり安全性でしょう。

子供を狙った犯罪や交通事故を未然に防ぐため、

お子様が小さいうちはできるだけ親の目が届く範囲にいてほしいと

思うものです。

学校からお家までの距離が短いと、住宅の近くまで他の生徒さんと

一緒に登下校ができる事も多く、最後に1人だけになって歩くということが

少なくてすみます。

さらにお子さんが小学校・中学校に通っていると、

運動会などの行事や授業参観や、送り迎えや忘れ物などで

学校に出向く機会も結構ありますよね。

そのような場合にお家と学校の距離が近いと、

お父さんお母さんの往復時間も節約できます。

また、万が一のけがや病気などで学校からの呼び出しがあった場合に

駆けつけられるというのも大きなポイントです。

反対に、小山・結城のお子様からみた学校に近い住宅を買うメリットは

どうでしょう?

やはり一番の良いところは、登下校の時間が短い事と言えます。

特に小学校低学年のうちは、大人なら徒歩10分程度で歩ける距離も、

ランドセルを背負って歩くと倍以上の時間が必要になる事もあります。

天気が悪い場合には、足元もあまりよくないため登校だけで一苦労ですから、

学校が近いのは大きなポイントです。

また、学校から帰ってお友達同士で待ち合わせをして遊びにいく場合にも、

学校が近いと待ち合わせをしやすいなどのメリットもあるかもしれません。

小山・結城で新築一戸建てをお考えの皆様は、ぜひ参考にしてください。

【小山・結城新築コラムVol.79】住宅展示場とは一味違う、完成見学会の魅力

小山・結城で新築一戸建てを検討している人が、

真っ先に訪れるのが住宅展示場でしょう。

住宅展示場内に建つモデルハウスは、

インテリアも素敵で、どれも格好いいですよね。

住宅展示場で何件も見学すると、

「どの住宅も最高」という気持ちが強くなります。

 

ただし、インテリアに気を取られて、

どのハウスメーカーのお部屋を気に入ったのか、

どの程度の予算で検討するのかなど、

ご自身の希望がわからなくなってしまう事も・・・。

そんな訳で小山・結城で新築住宅をお考えの方にオススメしたいのが、

お客様の建てたお家の完成見学会。

街中に建っているので、実際に建てたときのことを体感でき、

日当たりや間取りなども充分に参考にできるのでおすすめです。

実際にお客様が建てられたお家だから、

住宅展示場の華やかさとはまた違う、水まわりの操作感や家事動線など、

「生活」のことを考えながら見学ができます。

小山・結城で新築注文住宅をお考えのみなさまは、是非完成見学会をご検討くださいね。

住宅展示場とは一味違う、実際の生活が想像できるおうちなので、

見るだけでもお得です。

【足利・佐野新築コラムVol.78】クロスで変わるお部屋の印象

足利・佐野で新築注文住宅をお考えの皆様、

今のお家のクロスの色はどんなものでしょうか?

無難な色で、オフホワイトでまとめている物件が多いと思います。

クロスの面積は大きいので、クロスの色を変えると印象もガラッと変わります。

せっかく足利・佐野で新築注文住宅を購入するなら、

そのお部屋に合ったクロスの色を選びたいものですね。

そこで今回は、クロスの色で印象がどう変わるのかをご紹介いたします。

・赤やオレンジなどの暖色系

温かみ、活気のある色なので、

リビングなどご家族の団欒するお部屋のクロスに取り入れるのがおすすめです。

また、暖色系は食べ物の色をより美味しそうに見せ、

食欲を増加させるそうですので、

皆さんで食事を摂るリビングダイニングにはピッタリです。

足利・佐野で新築注文住宅を建てる場合、

アクセントにリビングダイニングの一面だけを暖色系にするのもいいですね。

・青やグレーなどの寒色系

寒色系は落ち着いた雰囲気にしたい寝室などにぴったりです。

実は眠る前に寝室で目にする色は、その夜の眠りに大きく影響するそうです。

例えば、クロスが赤色の部屋で眠った場合、

神経が興奮してしまい熟睡することができない、という影響があるそうです。

足利・佐野で新築注文住宅を建てるなら、

寝室は寝具と一緒に爽やかなカラーにコーディネートしたいですね。

また、落ち着いて作業をしたい作業部屋や書斎にも

寒色系カラーはもってこいです。

・緑や黄色などの中間色

これらの色は自然、生命、明るさを感じますね。

お部屋全体が明るい雰囲気になりますので子ども部屋にもおすすめですよ。

日当たりのいいお部屋に用いると、特に明るいお部屋になります。

足利・佐野の新築注文住宅で明るい子供部屋は、お子様の理想ですよね。

・小花柄などの柄物

柄物はトイレや洗面所など、

あまり面積の大きくないところに用いるとよいでしょう。

また、その柄も小さめのものがおすすめです。

LDKなど広い部屋に柄物のクロスを貼ると、

全体的にごちゃごちゃし、落ち着かない印象になってしまいます。

例えば、トイレに小花柄のクロスを用いると清潔感がありますし、

時間が経ち黄ばみなどが出ても、汚れが目立ちにくくなります。

頻繁には貼り変えられないものなので、汚れが目立ちにくいのはいいですよね。

今回ご紹介したのは一例ですので、

足利・佐野で新築注文住宅を建てられる皆様はそのお部屋の雰囲気を想像しながら

楽しくクロスを選んでみてください。

【小山・結城新築コラムVol.77】一度は考えたい「家事動線」について

小山・結城で新築住宅を考える子育世代の共働き夫婦の方は

何かと毎日お忙しいものです。

そこで今回は小山・結城で新築住宅を建てる時、

一度は考えたい「家事動線」についてです。

 

「家事動線」と言っても何をどうすればいいのかわからない、

とよく言われます。

人気の間取りは、

キッチン・脱衣所などの水回りを中心とした「回遊型」の間取りです。

「回遊」、つまり回れる間取りは2か所以上の出入り口がある部屋同士を

隣接させることで、

2つの方向に移動することができるため、

小山・結城の新築住宅で家事のショートカット(近道)が

できるというメリットがあります。

また、忙しい朝の時間帯など家族が1か所に集中するときに

すれちがうことができないという場合の回り道にもなり、

小山・結城の新築住宅での移動がスムーズになります。

特に家事を担う主婦の方では、

家の中でキッチンを中心にする動きが多いですから、

キッチン周辺を回遊できるようにしておくと、

移動が減り日々の家事の負担が大いに減りますよ。

例えば働く主婦の方でありがちな、

洗濯機を回しながら、朝ごはんの準備をする、さらに合間にメイクも・・・

という動きも、小山・結城の新築住宅の脱衣所とキッチンが

隣接していればスムーズに行う事ができます。

さらにキッチンをカウンターキッチンにすれば、

お子様ともコミュニケーションもとれますよね。

料理をしながら、お洗濯をこなし、大切な家族のコミュニケーションを図る。

忙しい共働き家庭にはとても大切なことです。