足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

『足利佐野家造りコラム Vol.94』 近隣の視線

注文住宅での視線

足利・佐野で注文住宅をご検討のお客様は近隣の視線はきになりますか?

足利や佐野での住宅ですと隣の家との距離があまり取れない事も多いです。

せっかくリビングをあかるくする為に窓を大きく取っても

カーテン無しでは過ごせないと話を聞きます。

日当たりや交通量を意識した窓配置も重要です。

また、近隣の家の窓の位置を確認することで窓サイズや窓の開け方を

検討する必要があります。

window_thumb476[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、家のなかでの視線も気にして間取りを作成したいです。

玄関から見える部屋やご家族の視線などご家族の考えを踏まえての間取り検討が必要です。

注文住宅ですとご家族の考えを聞きながら、最適な間取りのご提案をします。

足利・佐野 注文住宅 足利店 小室

 

【小山・結城新築コラムVol.93】ベストなタイミングで新築住宅を建てよう!

小山・結城で新築注文住宅を購入するということは

多くの方にとって人生の中で最も大きな決断と言えるでしょう。

価格も安くありませんし、長い間暮らすことになるマイホームですから、

自分たちにとってベストなタイミングで購入したいと

思われる方が多いでしょう。

しかしそうすると、なかなか決断を下すことができない

という方がほとんどだと思います。

今回は皆様より先に新築注文住宅を購入された方が、

どのようなタイミングで決断されたのかをご紹介いたします。

ぜひ参考になさってください。

 

①   結婚をした時

結婚をするタイミングで新築注文住宅を購入する方が多くいらっしゃいます。

その場合の注意点としましては、これから長い間生活していくことで、

例えば、お子様が生まれるなど、家族の生活スタイルが

変化していくということです。

変化を見越した家づくりをあらかじめ計画しておきましょう。

②お子様が生まれる・生まれた時

最も多くの方が新築注文住宅を決断するのが

このお子様が生まれた時期でしょう。

そして、お子様をきっかけに新築注文住宅を購入する方は

ぜひ周囲の環境もよくチェックしておきましょう。

お子様にとって重要な治安や学校区、

学校までの距離などを入念に調べておくことが必要です。

③友人やご親戚が新築注文住宅を買った時

そして、身近な方が新築注文住宅を購入されたことをきっかけに

自分たちもマイホームをと検討される方もいらっしゃいます。

身近な方が先に建てていると、疑問や質問も聞きやすいですね。

そして、ピカピカの新築注文住宅を見せてもらうと

自分たちもマイホームが欲しいと強く思われるようです。

いかがでしょうか。人生にそう何度も来ない新築注文住宅を建てるタイミング。

ご家族にとって一番ベストなタイミングで購入しましょう。

 

【小山・結城新築コラムVol.91】新築住宅で質の良い睡眠を取るには?

小山・結城で新築注文住宅をご検討の皆様は、毎日多忙に生活されているかたも多いでしょう。

近年頑張っている皆様のなかには寝たはずなのに疲れが取れない、

という悩みを持っている方もいるでしょう。

 

実は新築注文住宅の睡眠にも質があり、

疲れを取り除くためには質の良い睡眠を取ることがとても大切なのです。

質の良い睡眠をとるため新築注文住宅の建て方を本日はご紹介いたします。

まず第一に、新築注文住宅での安眠のためには、

寝る直前に刺激が強い原色などを見ないほうが良いと言われています。

ですから、シーツやカーテンには淡い色を採用すれば、

新築注文住宅で入眠しやすくなります。

さらに鎮静作用のある寒色系は気持ちを落ち着かせますから、

水色など薄いブルー系の色がオススメです。

その他にも、自然の色に近いグリーンやブラウン系の色もリラックス効果があります。

そして、スッキリと目覚めるためには、新築注文住宅の窓から入ってくる

太陽光が重要です。

朝、新築注文住宅に入ってくる太陽光で自然と身体の睡眠サイクルも整えられ、

質の良い睡眠が取れるようになります。

ですから、新築注文住宅の寝室には窓を付け太陽の光で

目覚められるようにするとよいでしょう。

最後に、寝室の温度も重要です。

新築注文住宅の寝室では涼しすぎても、暖かくしすぎても、

眠りにくくなり、体調不良の原因となります。

冷暖房で必要以上に室温を調節するのではなく、

高気密高断熱の家にすれば寝室も自然に適温になり、

質の良い睡眠を取りやすい新築注文住宅が作れます。

小山・結城で新築注文住宅を建てる際にはぜひ寝室の過ごしやすさにこだわってみてください。

ぜひ一度東建ビルダーのショールームでお話を聞いてみてください。

【足利・佐野新築コラムVol.90】WICを設置するメリット/デメリット

足利・佐野で新築住宅をお考えの方は、

収納はどのようにお考えでしょうか。

いろいろな種類があり悩んでしまいますが、

WIC(ウォークインクローゼット)は大変人気があります。

今回はWICのメリット・デメリットをご紹介いたします。

 cl1332_1b

まず、一番のメリットはその容量でしょう。

洋服などをしまうためにWICを設置したいという方は

多くいらっしゃいますが、広さにゆとりがありますから、

服を選んだその場で着替える事もできます。

また、大きなものをそのまま収納できるというのもポイントです。

例えば、スーツケースなどはご家族の人数分あると

とてもかさばってしまいますが、WICなら楽々収納ができます。

それでは、デメリットは何でしょう。

容量が広いがゆえに散らかりやすいという問題があります。

なんでも入るからと言って、ありとあらゆるものを詰め込んでしまうと、

逆に乱雑な空間になってしまったり、

何がどこにあるのかがわからなくなってしまうようです。

そして、WICを作ることによって、

お部屋の面積が狭くなってしまうということも、

デメリットと言えるでしょう。

WICを付けてしまうと、更にお部屋が狭くなってしまいますから、

お部屋の大きさをとって通常のクローゼットを設置するか、

収納の大きいWICを設置するのかを選択する必要があります。

いかがでしょうか、間取りや土地の面積によって最適な収納は違います。

迷ったらぜひ東建ビルダーにご相談ください。