栃木県/宇都宮/小山/足利で注文住宅のことなら東建ビルダーへ。住宅、設計、ハウスメーカー、求人。

新着情報

【足利・小山新築コラムVol.20】住宅イベントでアンケートに協力してほしいと言われたら

足利・小山で新築住宅を検討している方の中には、住宅会社が行っているイベントに

参加したことのある方もいらっしゃるでしょう。

そこで、担当の営業にアンケートの記入を頼まれたという方も多いのではないでしょうか?

「このアンケート、電話番号や名前などの個人情報も書かないといけないようだけど、

まだ考え始めて日も浅いのにしつこく営業されたらいやだなあ」と、思った方もいるでしょう。

実はこのアンケートには重要な意味があるのです。

 

・ニーズを把握したご提案をしたい

担当の営業は、せっかくイベントに来ていただいたお客様には、

何かいい情報を持って帰ってほしいと思っています。

そのため、ニーズや希望をアンケートに書いていただくことで、おすすめの土地や間取りプランなど、

お客様にとって有用なご提案ができるのです。

 

・施主様のお家見学会の場合

今後実際に施主様が住まれる住宅を公開するために、

念のために来場様の身元を知っておく必要があるのです。

もちろん、施主様に来場者様の情報が渡されることはありませんから、ご安心ください。

そしてもしも、この会社では契約することはないと思った場合は「営業の電話や訪問の必要はない」という

ことを営業担当者に伝えれば、無理な営業をされることはないですから、

安心してアンケート記入してみましょう。

未公開物件情報を教えてもらえるかもしれませんよ!

 

足利店

【足利・小山新築コラムVol.19】住宅展示場とは違う街中完成見学会の魅力

足利・小山で新築住宅を考えている皆さん、住宅展示場には訪れたことがあるでしょうか?

住宅展示場では、様々なモデルハウスが見られますし、どれもステキなお家で、

インテリアにもこだわっていますよね。

とてもステキなお家ですから、「自分たちもこんなお家に住みたい」ととても夢が膨らみます。

しかし結局は豪華すぎて、実際に家を考え始めるとあまり参考にはならないという声もよく聞きます。

 

そのような方におすすめなのが、実際にお客様が建てられたお家の完成見学会にご参加することです。

住宅展示場とは違い街中に建っていますから、大きさも現実的ですし、

人気の間取りや、日当たりも見られます。

自分たちよりも先に住宅を建てた先輩がどのような事にこだわって

家を建てたのかということも参考にでき、住宅展示場の豪華さの中にはない

「実際の生活」について考えながら見学ができますね。

足利・小山で新築住宅をお考えの皆さんは、ぜひ気軽な気持ちで参加してみてください。

東建ビルダースタッフ一同お待ち申し上げております。

【足利・小山新築コラムVol.18】住宅イベントに行ってみませんか?

足利・小山で新築注文住宅を買いたいと思っているみなさん、

家づくりについていろいろなホームページや雑誌などで、情報収集をされていることと思います。

そうして、家づくりに対してイメージが出来てきたら、ぜひ住宅イベントに参加してみませんか?

 

多くのお客様が、住宅イベントに行く前は「営業がしつこかったらどうしよう」とか、

「その会社に決めたわけじゃないし、そもそも家を建てることも決定していない」とか、

「ローンを借りられなかったらどうしよう」という不安を持っています。

そんな方こそ、気になった会社のイベントに足を運んでみましょう。

よく、その会社の営業担当を見ればその会社の家づくりへの姿勢がわかるといいますから、

営業担当に積極的に質問をぶつけてみるのをおすすめします!

もちろんいろいろな営業担当がいますから、営業担当のペースに乱されることなく、

マイペースに話を聞くといいですよ!

きっとその会社の家づくりへの姿勢がわかってくるはずです。

ぜひ、気軽な気持ちでイベントに出かけてみましょう。

 

東建ビルダー足利店・小山店でも今月12月16日~17日の二日間限定で、

家づくりカフェを開催いたします。

「家づくりを始めたけど何をしたらいいかわからない」

そんな方にピッタリのセミナーとなっております!!

是非、スイーツを楽しみながらお家づくりのお話を聞きませんか?

 

 

 

【足利・小山新築コラムVol.17】角地のメリット・デメリット

足利・小山で注文住宅を購入する場合、新築住宅を建てるための土地を選ぶ必要がありますよね。

ですから、土地の知識もしっかりと得ておいて損はありません。

そこで今回は、「角地」についてです。

角地とは、道路の曲がり角や交差したところにある土地のことで、

土地の中でも二面以上が道路に面している土地のことです。

通常は、家の玄関に面した部分だけに道路がありますが、

角地では二つ以上の道路に向かい合うことになります。

メリットとしてはまず日当たりが良くなるということがあげられます。

角地二つ以上の道路に向いているため、家の両サイドに他の家が来ることがありません。

ですので自分の家の両隣の家によって日当たりを遮られることがなく、

採光が充分に取れたお家にすることができます。

また、間取りも考えやすくなります。

なぜなら、お家の玄関は道路に面して造ってある場合がほとんどですよね。

しかし、そうすると玄関の方向にあわせてリビングやお部屋などの方向も決まってしまうため、

「南向きにしたい」など、希望の角度にリビングを作れないこともあります。

角地ならば二方向が道路に面しているので、間取りを作るにもいろいろな選択肢があるのです。

ただ、メリットばかりかというとそうではありません。

例えば、お家に面した道路の面積が狭い場合は、走っている車が敷地内に乗り上げてくるかもしれません。

もしも塀に当たったりしたら大変です。

また、二方向以上が道路に面しているということは、

道を歩く人の視線が家の中に届きやすいということにもなります。

「せっかく角地をかったのに、視線が気になってほとんどカーテンが開けられない」

というケースもあるようです。

そして角地は大変人気があり、土地の価格が高くなりがちです。

隣の土地と比べて数百万円違うなんてこともありますから、

メリット・デメリットをしっかりと見極めたいですね。

東建ビルダーの‘ZEROSUMA‘は注文住宅なので

その土地に合う建物をご提案いたします。