NEWS NEWS

ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 【小山・結城新築コラムVol.151】木造住宅

家づくりブログ

House Blog

2019-05-14

家づくりブログ

【小山・結城新築コラムVol.151】木造住宅

小山・結城で新築注文住宅をお考えの皆様、こんにちは!


日本人にとって木造建築は、昔から馴染みのあるものです。

住宅はもちろんの事、神社・仏閣・城などの建物も全て木造で建てられています。

現存する世界最古の木造建築の法隆寺は、建築されて1400年ほど経っていると言います。

それだけの月日が経ったというのに今もなお堂々とした姿で残っています。

木造建築は四季がある日本の気候に適しており、耐久性に非常に優れていることは間違いないです。

木造住宅も、本来ならば200年、300年と持つのが当たり前のはずです。

木造住宅の寿命は長い、子の代、孫の代まで続く家って素敵ですよね。

また、木のような自然素材は、人に安らぎや癒し、リラックス効果を与えてくれます。

ストレスを抱え込んでいる社会、人の心のよりどころであることも確かです。

木の温かさ、ぬくもりを感じながら暮らす生活にあこがれを持っている方は多くなっています。

健康的で長く過ごせる家、木のぬくもりも感じられる家、それが木造住宅です。