足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

新着情報

【足利、小山新築コラムVol.5】意外?!南向きの家を建てるデメリット

足利市、小山市で新築住宅を建てたいとお考えのお客様の中には、

土地は絶対に南向きが良い!という思いがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には南道路で日当たりが確保できるというメリットがある南向きですが、

意外とデメリットもあることをご存じですか?

今日は南向きの住宅のデメリットをご紹介いたします。

 

・人気のため価格が高くなる

南向きの土地は人気があり、そのほかの向きの土地に比べて価格が上がる傾向があります。

・日当たりが良すぎる

特に夏は、日光により部屋の温度が暑くなることがあります。

・リビングに居ると通行人と目が合う

これは結構気になりますよね。一番日当たりのいい南側にリビングを持ってくるため、

リビングの窓の外はすぐ道路になります。

道路を通る人々の視線が家に飛び込んできますから、

プライバシー確保のためせっかく開放感や日当たりのいい南向きの土地なのに

レースのカーテンが開けられない・・・ということにもなりかねません。

 

家を建てる向きを「南向きが良いと聞いたから」というなんとなくの理由だけで

購入するのは避けるべきでしょう。

南側に立つ隣家との間に充分なスペースが取ることができるなら、

北向きの土地に新築住宅を建てるのもいいかもしれません。

南側が道路に面していないので、プライバシーの確保もしやすく、人目も気になりません。

あとになって「こんなはずではなかった」と後悔することがないよう、

よく検討・調査して購入したいですね!

 

土地探しはぜひ東建ビルダーで住宅アドバイザーにご相談ください!