栃木県/宇都宮/小山/足利で注文住宅のことなら東建ビルダーへ。住宅、設計、ハウスメーカー、求人。

新着情報

【足利・小山家づくりコラムVol.14】

栃木県・群馬県で新築住宅を検討している子育て家族の方には、

お子様の通う学校がお家からどのくらいの距離なのかということも重要ですよね。

学校から近い土地を購入したいというご要望をよく聞きます。

 

確かに小さなお子様が狙われるという事件や交通事故に遭う確率も少なくなり安心ですし、

運動会や授業参観など学校行事などがある場合にもすぐに出向くことも出来ます。

お子様の立場に立って考えても、友達と遊ぶときに待ち合わせをするときには

学校が近いと待ち合わせをしやすかったり、友達を家に呼びやすいということもあるでしょう。

そしてやはり低学年のうちは、重たいランドセルを持って何十分も歩くのは大変ですから、

お子様の足で15分以内で学校に到着できる範囲が良いとおうご希望が多いようです。

このように学校から近い新築住宅を購入することは大変メリットが有るように感じられますが、

デメリットになってしまうこともあるようです。

例えば、新築住宅から学校までの距離が近すぎる場合には、

朝早くから夕方まで続くチャイムの音がうるさいと感じたり、

運動場の砂埃が飛んできて、窓を開けておくとリビングが砂でザラザラしてしまう、

学校から帰ってきだお子様が毎日色々な友達を呼んでしまい、

たまり場のようになってしまうというデメリットもあるようです。

ぜひ、メリット・デメリットを踏まえて、学校からどのくらいの距離に

新築住宅を購入するかどうかを検討してみてください。