足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

新着情報

【足利・小山新築コラムVol.27】建ててからではもう遅い!?エアコンの取り付け位置に注意!

足利・小山で新築住宅を持ちたい皆さんは、色々と間取りなどを検討していることと思うのですが、

エアコンの設置位置はご検討されているでしょうか?

エアコン工事は、家が建ってしまってからやり直そうとしても大工事となりなかなか難しいものです。

エアコンを効率的に稼働させるためには、設置位置に幾つかポイントがありますのでご紹介いたします。

初めに、エアコンは部屋長手方向に風が流れるように取り付けることが大切です。

短手に設置すると部屋中に風が行き渡りにくく効率が悪くなります。

間取りに合わせてエアコンの設置位置を計画しましょう。

また、エアコンを窓の上や横に設置する場合には高さの確認が不可欠です。

窓から天井までの高さは約40センチほどと言われていますから、カーテンレールとの干渉がないか、

天井の高さを上げる必要があるのかなどを設計の段階でよく考えておきましょう。

その他、外観で注意することもあります。内観ではベストな位置に取り付けられたつもりでも、

外から見ると室外機があって見た目に良くないということもあるのです。

なるべく正面から見えない位置に室外機が来るようにするといいですね。

ですが、室外機の前に塀などがきてしまうとこれもエアコンの性能を落とす原因となりますから、

内観面でも外観面でもベストな位置に設置できるよう、しっかりと打合せをしておきましょう。

ぜひ足利市もしくは小山市の東建ビルダーショールームで、プロに相談してみてください。