足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

新着情報

【足利、小山新築コラムVol.37】リビングイン階段について

足利、小山で新築住宅を検討しているとき一番楽しいのは、

やはりどのような住宅にしようかと思いを

めぐらせているときではないでしょうか。

ご家族でこれから長い時間を過ごす事になりますから、

良いお家にしたいですよね。

特にお子様がある程度大きくなったときのことを想定して、

プランを考える方も多いようです。

今回はそんなお子様をお持ちの子育て家族に人気の、

「リビングイン階段」についてです。

そもそも、リビングイン階段とはどんなものなのでしょう。

リビングイン階段とは、その名の通りリビングの中に階段を採りいれた間取りのことです。

お子さんに反抗期が来ると、帰宅してリビングに一切顔を出す事がなく

2階の子供部屋に向かってしまうのが心配ですよね。

 

リビングイン階段ならお子様が2階の子供部屋に行くためには

リビングを通る必須があり、コミュニケーションのための機会を

増やす事が可能なのです。

ですから、家族のコミュニケーションの機会が増えるという

リビングイン階段は、ファミリーに大変人気があります。

家族のコミュニケーションが増えるという以外にも、

リビングイン階段には様々なメリットがあります。

一例を挙げれば、リビングイン階段では独立した階段のスペースを

設けなくてもよく、リビングの部屋は廊下と融合したようになりますから、

リビングに奥行きが生まれ開放的な空間づくりをすることができます。

ただ、2階の部屋とリビングがつながってしまうことで、

冷暖房の効果低下につながってしまうことも考えられます。

しかしこういった問題は住宅の断熱処理性能を向上させることで

緩和可能ですし、階段にロールカーテンをつけるなどして、

空気が2階に上がっていくのを遮る事もできます。

リビング階段を導入して、コミュニケーションが活発な家庭を目指したいですね。

足利、小山で新築住宅をお考えのご家族はぜひ一度考えてみてください。