足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

新着情報

【足利・佐野新築コラムVol.50】新築注文住宅を建てるときだからこそできる!リビングを広く見せる工夫!

足利・佐野で新築注文住宅を立てるなら、

リビングはできるだけ広々快適に見せたいですよね。

お客様が来ると必ず見られる場所ですし、

広々していれば生活していて気持ちがいいものです。

色々と広く見せる工夫をしている方も多いと思うのですが、

なかなか難しい、という声をよく聞きます。

そこで今回は、新築注文住宅を建てる時だからできる

リビングを広々見せる方法をご紹介します。

 

・インテリアに明るい色を採用する!

ご存じの方も多いと思うのですが黒などの

暗い色は引き締まって見えますよね。

インテリなの中でも特に壁は面積が広く、

そこに暗い色を採用すると、部屋がとても狭く見えてしまいます。

面積の広いクロスには、白やベージュなど明るい色を採り入れましょう。

明るい色は天井も高く見せてくれるので、リビングがとても広く見えますよ。

・背が低い家具を選ぶ

リビングに入った時、視界に入り込んでくるのが

本棚などの背が高い家具だと、部屋が狭く感じてしまいます。

パッとみて視界が開けていると感じるように、

リビングに置く家具はできる限り低めの家具を選ぶようにしましょう。

・常に整頓を心がける

沢山の物に溢れている部屋では、広々とは見えませんし、

清潔感もないですよね。

例えば、読みかけの雑誌などをついテーブルの上や下に

ポンとおいてしまったり、インテリアの小物が

ついついゴチャゴチャしてしまうことはありませんか?

足利・佐野で新築注文住宅を建築する際に、ニッチやマガジンラックなどの収納を取り付けると、

デッドスペースの解消にもなりますし、お部屋もスッキリと見えますよ。

整理整頓が出来ているだけで、随分と広く見えるものです。

いかがですか?

足利・佐野で新築注文住宅を建てるときだからこそできる

リビングをスッキリ広々見せる方法をご紹介しました。

また、クロスと家具は同系色の方がスッキリとした印象になりますが、

部屋に置く家具を減らし、シンプルで背の低い家具なら、

色が黒やブラウンでも広々した印象になりますよ。

せひリビングを広々と見せる工夫をいろいろ試してみてください。