栃木県/宇都宮/小山/足利で注文住宅のことなら東建ビルダーへ。住宅、設計、ハウスメーカー、求人。

家作りブログ

【足利、小山新築コラムVol.7】準備が重要!住宅ローン審査の必要書類について

足利市、小山市で新築住宅をお考えの皆さまもご存知の通り、

住宅ローンを借入するためには事前審査が必要になります。

住宅ローンというのは、人生最大の買い物と言ってもいいほど大きな金額の

貸し借りが行われるわけですから、金融機関は借入をする人の収入などを詳しく知りたがるのは当然です。

ですので、審査のためにはいくつかの公的な書類が必要となります。

それでは一体どんあ書類が必要なのか、初めて新築を検討する方には

全く見当がつかないこともあると思います。

今日はそんな、初めての新築を建てる方向けに、

ローンの審査に必要となる書類についてご紹介します!

 

 

 

1、本人確認書類

まず、基本的な事ですが「運転免許書」「保険証」などの身分証明書が必要になります。

これで借入する方のことを確かめます。

 

2、収入証明

一般的な会社員の方なら「源泉徴収票」が必要になります。

自営業の方であれば「確定申告書」が必要です。

これは借入する方にどの程度の返済能力があるか、どの程度の借入ができるか判断される、

大変重要な書類となります。

 

3、購入する物件についての書類

どのくらい物件をいくらで購入するのかということを金融機関に伝えるための書類です。

 

4、その他

書類とは別に印鑑が必要となります。

認めの印鑑で大丈夫ですので印鑑を一つご準備ください。

 

 

上記が事前審査に必要になる書類です。

また金融機関によってはこれ以外にも土地資料など提出する書類が増えることもあります。

ローンを借りる以上、避けては通れない審査になりますから、

前もって書類は準備しておくとよいでしょう。

 

書類について注意点がいくつかありますので、まずはアドバイザーまでお尋ねください。

夢のマイホームのための住宅ローン審査のサポートも

ぜひ東建ビルダーのアドバイザーにお任せください!

【足利、小山新築コラムVol.6】知っていますか?畳コーナーの魅力!

栃木、群馬、茨城で新築住宅をお考えの皆さんは「畳コーナー」をご存じでしょうか?

今までの間取りでは、和室は和室、洋室は洋室としっかり仕切ってある間取りがほとんどでしたが、

最近の新築住宅では、リビングの中に畳のある一角「畳コーナー」を併設する間取りがとても人気です。

 

お施主様から「和室を作るとリビングが小さくなってしまうけれど、畳のスペースもほしい!」

といったご要望を頂くことが増えています。

「畳コーナー」なら、フローリングと畳のいいとこどりができ、

さらに必要に応じて畳とフローリングを区切って、プライベートスペースを作ることも可能です。

フローリングだけのリビングが主流になっていますが、ちょっと一息つきたいとき、

椅子やソファーに座らないと、フローリングの固さや冷たさで中々リラックスできませんよね。

そんな時に「畳コーナー」を設けたリビングなら、少し床に座ったりゴロンと寝転んでも快適で、

とてもリラックスできる空間になりますよ!

 

東建ビルダーでも畳コーナーのある間取り・施工事例もございますので、

栃木、群馬、茨城で新築住宅をお考えの皆さんはぜひショールームへお越しください!

 

足利店

【足利、小山新築コラムVol.5】意外?!南向きの家を建てるデメリット

足利市、小山市で新築住宅を建てたいとお考えのお客様の中には、

土地は絶対に南向きが良い!という思いがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には南道路で日当たりが確保できるというメリットがある南向きですが、

意外とデメリットもあることをご存じですか?

今日は南向きの住宅のデメリットをご紹介いたします。

 

・人気のため価格が高くなる

南向きの土地は人気があり、そのほかの向きの土地に比べて価格が上がる傾向があります。

・日当たりが良すぎる

特に夏は、日光により部屋の温度が暑くなることがあります。

・リビングに居ると通行人と目が合う

これは結構気になりますよね。一番日当たりのいい南側にリビングを持ってくるため、

リビングの窓の外はすぐ道路になります。

道路を通る人々の視線が家に飛び込んできますから、

プライバシー確保のためせっかく開放感や日当たりのいい南向きの土地なのに

レースのカーテンが開けられない・・・ということにもなりかねません。

 

家を建てる向きを「南向きが良いと聞いたから」というなんとなくの理由だけで

購入するのは避けるべきでしょう。

南側に立つ隣家との間に充分なスペースが取ることができるなら、

北向きの土地に新築住宅を建てるのもいいかもしれません。

南側が道路に面していないので、プライバシーの確保もしやすく、人目も気になりません。

あとになって「こんなはずではなかった」と後悔することがないよう、

よく検討・調査して購入したいですね!

 

土地探しはぜひ東建ビルダーで住宅アドバイザーにご相談ください!

【足利、小山新築コラムVol.4】失敗しない土地探し!自分たちにピッタリの土地を探す方法

栃木県で新築住宅を持ちたい皆さんは、土地を選ぶとき

「中々いい土地が見つからず、困った」ということはありませんか?

また、「自分たちにとって何がいい土地なのかも、よくわからない」

と言うこともあるかもしれません。

今日は自分たちにピッタリの土地を探すための方法をご紹介します。

・正しい予算を組む

資金計画はしっかりとしておきましょう。

希望のエリアでいい土地を見つけたとしても、土地に予算をかけすぎてしまい

建物にお金をかけられず、結果として理想の生活からは程遠い

暮らしになってしまったという声をよく聞きます。

ぜひ、土地と建物だけではなく、地盤の補強や初期費用などの

わかりにくい部分も含めて資金の相談をしてみてください。

東建ビルダーでは住宅アドバイザーが丁寧にご説明致します。

資金計画で不安をお持ちの方は是非ご利用ください。

 

・優先順位を決める

それぞれの家族によって、価格や、駅への近さ、土地の広さ、周辺施設の多さや

学校区などご希望は様々です。

ですが、土地が広くて駅が近いなど、条件が良くなればなるほど、

価格は高くなってしまうものですから、ある程度希望を絞らなくてはなりません。

ご家族で意見が割れてしまうこともあると思います。

そんな時は、一度ご家族の希望を紙に書き出してみてください。

そうすることで、ご家族の方向性が見えてくるのではないかと思います。

 

・誰を中心に考えるか

土地を決める際、ご家族の誰を中心に考えるかということも重要です。

栃木県ではお子さんの学校区を中心に検討される方が多いようです。

他には旦那様の通勤のしやすさ、ご実家が近いところなど・・・

誰を(何を)中心に考えるかで、本当に土地に求めることが見えてきます。

 

いかがでしたでしょうか?

東建ビルダーでは、豊富な土地情報と幅広い知識をもつ住宅アドバイザーが

資金計画を含めた、お客様にピッタリの土地のご案内が可能です。

ぜひ、お気軽に一度東建ビルダーへお越しください!