栃木県/宇都宮/小山/足利で注文住宅のことなら東建ビルダーへ。住宅、設計、ハウスメーカー、求人。

家作りブログ

【足利・小山新築コラムVol.19】住宅展示場とは違う街中完成見学会の魅力

足利・小山で新築住宅を考えている皆さん、住宅展示場には訪れたことがあるでしょうか?

住宅展示場では、様々なモデルハウスが見られますし、どれもステキなお家で、

インテリアにもこだわっていますよね。

とてもステキなお家ですから、「自分たちもこんなお家に住みたい」ととても夢が膨らみます。

しかし結局は豪華すぎて、実際に家を考え始めるとあまり参考にはならないという声もよく聞きます。

 

そのような方におすすめなのが、実際にお客様が建てられたお家の完成見学会にご参加することです。

住宅展示場とは違い街中に建っていますから、大きさも現実的ですし、

人気の間取りや、日当たりも見られます。

自分たちよりも先に住宅を建てた先輩がどのような事にこだわって

家を建てたのかということも参考にでき、住宅展示場の豪華さの中にはない

「実際の生活」について考えながら見学ができますね。

足利・小山で新築住宅をお考えの皆さんは、ぜひ気軽な気持ちで参加してみてください。

東建ビルダースタッフ一同お待ち申し上げております。

【足利・小山新築コラムVol.18】住宅イベントに行ってみませんか?

足利・小山で新築注文住宅を買いたいと思っているみなさん、

家づくりについていろいろなホームページや雑誌などで、情報収集をされていることと思います。

そうして、家づくりに対してイメージが出来てきたら、ぜひ住宅イベントに参加してみませんか?

 

多くのお客様が、住宅イベントに行く前は「営業がしつこかったらどうしよう」とか、

「その会社に決めたわけじゃないし、そもそも家を建てることも決定していない」とか、

「ローンを借りられなかったらどうしよう」という不安を持っています。

そんな方こそ、気になった会社のイベントに足を運んでみましょう。

よく、その会社の営業担当を見ればその会社の家づくりへの姿勢がわかるといいますから、

営業担当に積極的に質問をぶつけてみるのをおすすめします!

もちろんいろいろな営業担当がいますから、営業担当のペースに乱されることなく、

マイペースに話を聞くといいですよ!

きっとその会社の家づくりへの姿勢がわかってくるはずです。

ぜひ、気軽な気持ちでイベントに出かけてみましょう。

 

東建ビルダー足利店・小山店でも今月12月16日~17日の二日間限定で、

家づくりカフェを開催いたします。

「家づくりを始めたけど何をしたらいいかわからない」

そんな方にピッタリのセミナーとなっております!!

是非、スイーツを楽しみながらお家づくりのお話を聞きませんか?

 

 

 

【足利・小山新築コラムVol.16】家族が幸せになる家づくりスケジュール その2

足利・小山で新築住宅のご検討を始めた皆様こんにちは。
前回に引き続き、東建ビルダーでお家を建てた場合の家づくりスケージュールのご紹介です。

 

8.土地決済
いよいよ土地決済です。決済は一般的に、ローンを実行する金融機関で平日に行われます。
売主・買主・仲介業者・司法書士が集まり、司法書士が買主様、売主様に必要事項・書類の確認が合った後、登記書類及び払い出し伝票の記入、捺印をします。
それが終わると、銀行からお金が買主様の銀行口座を経由し、売主様に渡ります。
その後、司法書士が当日中に移転登記の手続きを行います。
9.地鎮祭

地鎮祭とは建築工事を始める前に行い、土地の神様に土地を利用させてもらうことのお許しを頂き、

工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことです。

地鎮祭は任意となりますが、無用なトラブルを避けるために近隣へのご挨拶は行っておきましょう。

引っ越しの日は、トラックなどの出入りが多くなりバタバタしますし、

近隣の方に迷惑をかけてしまうこともありますから、

挨拶は、できるだけ引っ越し前に済ましておくと感じが良いでしょう。

 

10.着工・上棟

東建ビルダーでは自社のチェックの他、第三者機関による

地盤調査と施工現場のチェックを実施しているので、安心して建築して頂けます。

そして、建物が出来上がると、お引渡前には新築登記のお打合せ、最終代金の確認などを行います。

新築マイホームは、建てるまでにも沢山決めることが有りますが、

建ってからの手続きもなかなか大変なのですね。

東建ビルダーではお客様が安心してマイホームを建てられるよう、

出来る限りお手伝いさせていただきます。

 

11.お引渡・ご入居

やっとピカピカのお家にご入居です!

夢のマイホームで過ごす充実した毎日が待っています。

東建ビルダーでのお家づくりスケジュールについて、2回に渡り掲載いたしました。

なんとなくイメージが湧きましたでしょうか?

お家づくりはなんだか大変そう・・・というお客様も、

東建ビルダーならスタッフが精一杯サポートさせて頂きます。

 

ぜひ、夢のマイホームで憧れの生活を送ってください!

【足利・小山家づくりコラムVol.14】

栃木県・群馬県で新築住宅を検討している子育て家族の方には、

お子様の通う学校がお家からどのくらいの距離なのかということも重要ですよね。

学校から近い土地を購入したいというご要望をよく聞きます。

 

確かに小さなお子様が狙われるという事件や交通事故に遭う確率も少なくなり安心ですし、

運動会や授業参観など学校行事などがある場合にもすぐに出向くことも出来ます。

お子様の立場に立って考えても、友達と遊ぶときに待ち合わせをするときには

学校が近いと待ち合わせをしやすかったり、友達を家に呼びやすいということもあるでしょう。

そしてやはり低学年のうちは、重たいランドセルを持って何十分も歩くのは大変ですから、

お子様の足で15分以内で学校に到着できる範囲が良いとおうご希望が多いようです。

このように学校から近い新築住宅を購入することは大変メリットが有るように感じられますが、

デメリットになってしまうこともあるようです。

例えば、新築住宅から学校までの距離が近すぎる場合には、

朝早くから夕方まで続くチャイムの音がうるさいと感じたり、

運動場の砂埃が飛んできて、窓を開けておくとリビングが砂でザラザラしてしまう、

学校から帰ってきだお子様が毎日色々な友達を呼んでしまい、

たまり場のようになってしまうというデメリットもあるようです。

ぜひ、メリット・デメリットを踏まえて、学校からどのくらいの距離に

新築住宅を購入するかどうかを検討してみてください。