栃木県/宇都宮/小山/足利で注文住宅のことなら東建ビルダーへ。住宅、設計、ハウスメーカー、求人。

新着情報

【足利、小山新築コラムVol.5】意外?!南向きの家を建てるデメリット

足利市、小山市で新築住宅を建てたいとお考えのお客様の中には、

土地は絶対に南向きが良い!という思いがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的には南道路で日当たりが確保できるというメリットがある南向きですが、

意外とデメリットもあることをご存じですか?

今日は南向きの住宅のデメリットをご紹介いたします。

 

・人気のため価格が高くなる

南向きの土地は人気があり、そのほかの向きの土地に比べて価格が上がる傾向があります。

・日当たりが良すぎる

特に夏は、日光により部屋の温度が暑くなることがあります。

・リビングに居ると通行人と目が合う

これは結構気になりますよね。一番日当たりのいい南側にリビングを持ってくるため、

リビングの窓の外はすぐ道路になります。

道路を通る人々の視線が家に飛び込んできますから、

プライバシー確保のためせっかく開放感や日当たりのいい南向きの土地なのに

レースのカーテンが開けられない・・・ということにもなりかねません。

 

家を建てる向きを「南向きが良いと聞いたから」というなんとなくの理由だけで

購入するのは避けるべきでしょう。

南側に立つ隣家との間に充分なスペースが取ることができるなら、

北向きの土地に新築住宅を建てるのもいいかもしれません。

南側が道路に面していないので、プライバシーの確保もしやすく、人目も気になりません。

あとになって「こんなはずではなかった」と後悔することがないよう、

よく検討・調査して購入したいですね!

 

土地探しはぜひ東建ビルダーで住宅アドバイザーにご相談ください!

足利、小山新築施工例。

足利市、小山市での新築施工例をご紹介します。

先月、佐野市でシンプルモダンのお住まいが完成しました。

リビングが吹抜け、オープン階段になっており、

大変開放感のあるお住まいです。

東建ビルダーでは、お客様の理想とするお住まいを社員全員でカタチしていきます。

DSC_0252

 

 DSC_0254

 

 

小山店 TANI

【足利、小山新築コラムVol.4】失敗しない土地探し!自分たちにピッタリの土地を探す方法

栃木県で新築住宅を持ちたい皆さんは、土地を選ぶとき

「中々いい土地が見つからず、困った」ということはありませんか?

また、「自分たちにとって何がいい土地なのかも、よくわからない」

と言うこともあるかもしれません。

今日は自分たちにピッタリの土地を探すための方法をご紹介します。

・正しい予算を組む

資金計画はしっかりとしておきましょう。

希望のエリアでいい土地を見つけたとしても、土地に予算をかけすぎてしまい

建物にお金をかけられず、結果として理想の生活からは程遠い

暮らしになってしまったという声をよく聞きます。

ぜひ、土地と建物だけではなく、地盤の補強や初期費用などの

わかりにくい部分も含めて資金の相談をしてみてください。

東建ビルダーでは住宅アドバイザーが丁寧にご説明致します。

資金計画で不安をお持ちの方は是非ご利用ください。

 

・優先順位を決める

それぞれの家族によって、価格や、駅への近さ、土地の広さ、周辺施設の多さや

学校区などご希望は様々です。

ですが、土地が広くて駅が近いなど、条件が良くなればなるほど、

価格は高くなってしまうものですから、ある程度希望を絞らなくてはなりません。

ご家族で意見が割れてしまうこともあると思います。

そんな時は、一度ご家族の希望を紙に書き出してみてください。

そうすることで、ご家族の方向性が見えてくるのではないかと思います。

 

・誰を中心に考えるか

土地を決める際、ご家族の誰を中心に考えるかということも重要です。

栃木県ではお子さんの学校区を中心に検討される方が多いようです。

他には旦那様の通勤のしやすさ、ご実家が近いところなど・・・

誰を(何を)中心に考えるかで、本当に土地に求めることが見えてきます。

 

いかがでしたでしょうか?

東建ビルダーでは、豊富な土地情報と幅広い知識をもつ住宅アドバイザーが

資金計画を含めた、お客様にピッタリの土地のご案内が可能です。

ぜひ、お気軽に一度東建ビルダーへお越しください!

【足利、小山新築コラムVol.3】理想のラクラク家事動線の作り方

小山市、足利市で新築住宅を建築するときには、たくさんの理想があると思いますが、

そんな中でも、新築住宅で家事の動線を考えることはとても大事なことですよね。

理想のラクラク家事動線を目指すには、普段家の中をたくさん働き回る

奥様のご意見を取り入れて頂くのをお勧めします!

『家事や子育てのしやすい新築住宅』はどの子育て家族にとっても、理想ですよね。

 

奥様の理想といえば、最もご要望の多い場所の一つはキッチンではないでしょうか。

東建ビルダーでは対面型のキッチンにされる方が多いようです。

例えばその対面型のキッチンは、家事をしながらでも、

リビングにいるお子様がいつも視界に入りますので、注意を払うことができます。

小さなお子様がいらっしゃる子育て家族にはとても安心ですね。

もちろん小さなお子様がいないご家庭でも、

リビングやダイニングにいらっしゃるご家族と会話できることもあって

対面型キッチンは大変人気です。

しかし中には、調理中のにおいや、目線で気が散るなどの理由から、

壁に向かった背面型キッチンを希望される方もいらっしゃいます。

他にも、回遊ができるアイランドキッチンや作業動線の短いL型キッチンなどもありますね。

使用頻度の高い奥様にとって理想のキッチンを計画しましょう!

 

そして忙しい奥様に是非検討して頂きたいのが、家事動線です。

水回りをまとめ、料理や洗濯、掃除などの移動距離を減らすと家事の負担が軽くなります。

そのほか、毎日の行動によってどのような家事動線がべストかは変わってきます。

洗濯物をどこに干すのか、そのために洗濯機のあるお風呂場をどこに設置するのなど、

生活や家事の仕方によって理想の家事動線は変わってきますので、

ぜひ家事ラクになる間取りを考えてみてください♪

 

他にも子育て家族には、お子様の遊び場やお昼寝にも最適な畳コーナーや、

お子様が泥だらけで帰ってきても、玄関から洗面室からのお風呂場に

直行できる回遊型の間取りも人気です。

 

東建ビルダーでは女性のコーディネーターがいますので、

女性目線での間取りをご提案することができます。

理想の間取りのマイホームが建てば、随分家事も子育ても楽になりますから、

ぜひご家族で話し合ってみてください!