足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で一戸建て、注文住宅、家づくりのことは東建ビルダー

ふわりん通信NO150

ありがとうございます。

今月の「ふわりん通信」刊行しました。

☟☟click☟☟

ふわりん通信

今月の社長の言葉は

「当たり前の反対語は、感謝」です。

ある本を読んでいて

「当たり前に思えるようなことが、実はありがたいことであり、

どれだけ今の自分が感謝すべきことに囲まれているかに

気付くことが大切である」とありました。

当たり前のように思えること・・・・

当たり前と思ってはならないこと・・・・・

「家族がいる、親せきがいる、ペットがいる、友人がいる、仲間がいる、隣人がいる、

仕事がある、会社がある、社員がいる、取引会社がある、道具がある、材料がある、

家がある、車がある、衣服がある、食物がある、飲み物がある、

目がみえる、耳が聞こえる、しゃべれる、手足が動く、健康である、

太陽がある、空気がある、川がある、海がある、山がある、季節がある、平和である・・・・・」

考えれば考えるほど、本当にたくさんのありがたいことに囲まれていることに気づきます。

時には立ち止まって感謝することが大切ですね。

一陽来復

ありがとうございます。

2月3日の「節分」が明けて、2月4日から「立春」が始まりました。

「立春」には「春」が含まれているので、寒かった冬は終わり花が咲いていることを

イメージしてしまいますが、正確には「春が立つ」なので、

「立春」頃から寒さもピークを過ぎて、気温も和らいで春に変化していくという意味です。

そして、現在の暦は「新暦」と呼ばれ、新年の始まりは「1月1日」ですが、

この制度が始まったのは、「明治6年」からであり、

それまでは「旧暦」と呼ばれる「暦」が長きに渡って続いていました。

「旧暦」では、新年の始まり(正月)は「2月4日」になります。

⇒「2月3日の節分は大晦日」

現在の日本では、「新暦」でありながらも「旧暦」の風習などが無くならずに活きています。

歴史のある日本ならではの「すてき!!」な慣習であると思います。

いろいろな意味で2017年も本格的にスタートということになります。

 

そんな時「一陽来復(いちようらいふく)」という言葉に出合いました。

「一陽来復」とは、①冬が終わり春が来る ②新年が来る ③悪いことが続いた後に幸運が来る

などの意味があります。

そして「一陽来復」のお守りを冬至の12月21日~節分の2月3日まで頒布している神社があると

知人に教えていただきました。

その神社は、東京の早稲田にある「穴八幡宮」です。

ネットで調べたところ人出が多い時はなんと!!3時間以上並ぶこともある!!

⇒平日がおすすめらしい!?

人気の理由は、このお守りを持っていると金運(お金繰り)に恵まれる!!

江戸時代から続いていて歴史がある!!とのこと。

ここで知ったのも何かの縁!!ということで早速行って来ました。

image1

image2

並ぶこと約40分でお財布に入れる「懐中お守り(300円)」を授かることが出来ました。

お守り

他にも壁に貼るお守り(800円)もあるようで、

有名で多くの皆さんが授かっていたのはこちらのようでした。

毎年来て古いお守りを新しいお守りに変えるような方が多く見受けられました!

2017年、「すてき!」で、「すばらしい!」実りのある年に出来るように精進いたします!!

春の足音は間違いなく聞こえてきています (^^♪

image3

*残念ながら「御朱印」は、この期間は対応していないようですのでまた来たいです・・・・

ふわりん通信 NO149

ありがとうございます。

ふわりん通信今月号が刊行しました。

↓↓↓クリック↓↓↓

ふわりん通信

今月の「社長のことば」は、「トリプルA」です。

先日、アメリカで新大統領として「トランプ氏」が誕生しました。

就任の挨拶を聞いて、

今後世界全体を巻き込んでいろいろ意味で大きな変化があると感じました。

我々はこの変化にいかに順応していくしかありません。

しかし、そんな変化の中でも今自分がやるべきことが何なのかをしっかり見極めて、

「トリプルA」=「あせらず あわてず あきらめず」を心掛けて、

着実に実践していきたいですね。

そして、変化を乗り越えるには、一人の力でなくみんなが力を合わせることが大切。

中期ビジョンで掲げた「For The Team~チーム東建」を充実させていきます。

2017謹賀新年

2017年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今年の初詣は、茨城県鹿嶋市の「鹿島神宮」に行ってきました。

初詣に来たのは初めてですが、ものすごい多くの参拝者の数でした!!

image3

image2

image1

「鹿島神宮」は、東日本(自宅から日帰り車で行ける範囲)では、一番好きな神社です。

広大な「鎮守の森」の中に

「本殿」すぐ裏のご神木を代表する樹齢数百年のスギの巨木群、

「拝殿」から「奥宮」につながるスギの大木に囲まれた奥参道、

「奥宮」から「要石」までの林道

「御手洗池」・・・・

⇒古くから存在する神社としての歴史や風格、そして趣がある神社です!!

map2000[1]

そして、祭られている神様(主祭神)が、「武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)」で、

神話の中に出てくる戦いの神様(武神)です。

2017年、いろいろな動きがある中でも、自分がやるべきことをしっかり成し遂げる決意を

誓うのに相応しい神社であり、力強さを感じる神社です。

 

気力充満!!後は行動あるのみです!!

image1