NEWS NEWS

ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 【小山・結城新築コラムVol.145】クローゼットの収納アイデア

家づくりブログ

House Blog

2019-04-16

家づくりブログ

【小山・結城新築コラムVol.145】クローゼットの収納アイデア

小山・結城で新築注文住宅をお考えの皆様、こんにちは!

あれもこれもと収納して、いつの間にか散らかり放題になってしまうクローゼット。

高さや奥行きがある分デットスペースができやすく、

うまく収納できず悩んでいるかたも多いのでは?

クローゼットの中身をすっきりさせ、スペースを最大限有効活用するアイデアを紹介します。

■いらなくなった服は思い切って処分(断捨離)

クローゼットに収納してあるものの多くは洋服です。

「まだ着られる」「もったいない」としまっておいた洋服が虫に食われていたり、

「たんすの肥やし」状態になっていたり。

クローゼットを整理したいと思ったら、まずは「断捨離」を行いましょう。

タイミングは衣替えの時期がおすすめです。

衣類をチェックし、いらないと感じるものや、

デザインが古くなったり着なくなったものは思い切りましょう。

でも捨てるかどうか迷ってしまう衣類も多いですよね。

そんな時は衣類を手に取り「3秒」眺め判断する方法をおすすめします。

3秒以上悩んでしまう服は、おそらく今後、着る機会はほとんどないでしょう。

■収納の基本

次に押さえておきたいのが、クローゼット収納の基本的な方法。

アイデアひとつで、簡単にすっきりさせましょう。

クローゼットの中の衣類を整理するなら、

まず着用する季節とコート、アウター、パンツといった種類で分けましょう。

シーズンごとに衣替えを行っているご家庭であれば、

季節ごとに収納されている場合が多いと思います。

そこから種類によって衣服を分けていきます。

衣替えをするときは、どこにどんな衣類が入っているのか、

ラベルを貼っておくと取り出しやすくなって便利です。

また、クローゼットいっぱいに収納するのはNG。

「まだ大丈夫」とどんどん詰め込んでいくと、

いつの間にか収納のキャパシティを超えてしまいます。

2割くらいスペースに余裕を残すと比較的きれいに収納することができます。

■収納アイデア

クローゼットを整理する上で、是非押さえておきたいのが

奥行きや高さを生かした収納アイデア。

例えば枕棚の収納には、持ち手のついた奥行きのあるファブリックケースや

ペーパーケースを使うのがおすすめ。

ファブリックケースやペーパーケースは軽いので、落とした時も安全です。

高い場所にある収納スペースは奥行きを活用しづらいというデメリットを持っていますから

奥行きのあるケースを組み合わせることで無駄なく活用しましょう。

また、クローゼットの扉が邪魔で物が取り出しにくい場所は、

キャスター付きのラックを使い改善しましょう。

キャスター付き収納グッツは大活躍するアイテムのひとつ。

奥まで物を収納しやすく取り出しやすくなるので是非取り入れてみて下さい。