足利・佐野・太田・桐生・小山・結城・下野で新築一戸建て・注文住宅の工務店は東建ビルダー

NEWS NEWS

ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 【足利・佐野新築コラムVol.240】子供に安全な住まい

家づくりブログ

House Blog

2020-03-23

家づくりブログ

【足利・佐野新築コラムVol.240】子供に安全な住まい

足利・佐野で新築注文住宅をお考えの皆様、こんにちは!

足利・佐野で新築を建てるにあたり、

安全・安心に過ごせるお家が理想ですよね。


子どもは好奇心が旺盛で、大人には思いもよらない行動をし、

ケガをすることがよくあります。

家の中を子ども目線で見ると、危険がいっぱいです。

子どもが安心・安全に暮らせるように、

さまざまな場面を想定して家の中の環境を考えておきましょう。


もっともケガをしやすいのが扉です。

勢いよく閉めたり、風などで急に閉まって指を挟まれたりしないよう、

ドアや引き戸にゆっくり閉まるソフトモーション機能がついていると安心です。

また浴室は浴槽で溺れたり、滑って転んだりするため、

家の中でもとくに注意が必要な場所です。


浴室のドアには高い位置にチャイルドロックを付け、

子どもが勝手に入れないようにしておく事も一つの手です。

浴室の床も滑りにくいものを選び、手すり等も付けておくとより安心です。


子どもは転びやすいため、なるべく家の中の段差を抑え、

柱の角などは丸みをつけるかクッション材を取り付け、

転んでぶつかってもケガをしにくいようにしておくことも大事です。

滑ってケガをしやすい階段には、

滑り止めや手すりも付けておくと安全に上り下りができます。

 

また開放感のある空間を演出するシースルー階段や吹き抜けも要注意。

シースルー階段は、段差の隙間から落下しないようアクリルパネルなどで塞ぐ等、

工夫すると大けがの心配も減ります。

吹き抜けを見下ろす手すり壁は、アクリルパネルにすると透けて見えるので、

開放感を保ちながらよじ登るなどの危険を防ぐことができます。