NEWS NEWS

ブログ

  • HOME
  • ブログ
  • 【小山・結城新築コラムVol.167】遊び心のある暮らし(憧れのインナーガレージ)

家づくりブログ

House Blog

2019-07-09

家づくりブログ

【小山・結城新築コラムVol.167】遊び心のある暮らし(憧れのインナーガレージ)

車好きにとって、愛車を大切に扱えるインナーガレージのある家は夢だと思います。

家の1階部分にガレージをつくるため、狭小地での駐車スペース確保にも有効です。

しかし、屋外にガレージをつくる余地のある場合は、

居室面積やコスト配分との兼ね合いで、実現に至らない例も多数。

持ち主にとっては大切な車やバイクの部屋であっても、それが単なる車庫であれば、

家族の同意は得にくいでしょう。

逆に言うなら、家族皆が親しみをもてる多目的な場所であれば、

インナーガレージも実現できそうですね。

実際に、家族が楽しめるガレージ空間を叶えた家づくりを参考に、

ただの車庫ではない自由な使い方とは?

例えば、水はけのよさや強度のある床をもつガレージなら、

スペースの一画を工作室のように使うこともできます。

また、ガレージと居室をつなぐ空間を活用する例も。

広めの通路にデスクを造りつけて、書斎や子供と一緒に使えるスタディーコーナーをつくれば、

家族にとってもガレージがより身近な存在になります。

プロジェクターと大型スクリーンを持ち込んで、

シャッターを閉めたガレージ空間をホームシアターにしたり、

中庭や家庭菜園とつなげてガーデンハウスのように使ったり。

広さや強度、外とのつながりのあるガレージならではの過ごし方を考えれば、

家族皆で楽しめるガレージ空間ができあがります。

誰かの憧れではなく、家族みんなの憧れのインナーガレージを実現させましょう